普段書きはFACE BOOKで

普段の書き込みは簡易ブログ「FACE BOOK」で遣っております。

「川村実」で検索して友達申請をお願いします。

「ブログ見て来ました」と書いて呉れると嬉しいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月 7日 (木)

ERXVシーズン

第1話 命は受け継がれて Life After Death #310

救急車に乗っていたのはプラットだった、アビーも巻き込まれてしまう。運転手は腹部に異物が刺さっていた。プラットは左足の複雑骨折?爆発による下顎骨折で、ERに運び込まれる。他にも受傷した患者が運びも込まれる。アビーは左手首骨折をギブス固定して、診療に当たる、喘息持ちも女児が、急変、出血はなし、車の炎上によるシアンの吸入の疑いで、治療で心臓の不整脈は良くなる。
プラットは爆発による肺の損傷で、酸素飽和度が下がり、挿管に、しかし左頸動脈が腫れて来た、骨折した下顎骨の破片が損傷したのだ、挿管は困難を極め、モリスが点滴ラインの空気止を逆さにして穿刺し、酸素飽和度は上昇したが、頸動脈からの出血は酷くなり、ニーラが頸動脈を結紮して、出血はコントロールされたが、プラットは意識が無くなった。4時間後に脳死、心死が確認され、プラットの臓器移植の意思カードから、手術室で臓器摘出が行われる、弟のチャズが付いて行く。アンスポーから次期ER部長はプラットに決まっていたと甥が報告した。モリスはべティナにプラットの持っていた婚約指輪を渡す。
葬儀の後、行きつけの店で、死者の思い出を語る、モリスを始めとするすタップたち、チャズも最初渋っていたが、やってくる。プラットの臓器は3人に移植されたと報告があった。

第2話 木曜日は厄日 Another Thursday At County #311

キャサリン・バンフィールドがER部長としてやってくる。同時にインターンも4名が来た。外傷患者を診た時、トニーが衣服を挟みで切った時に白い粉が撒き散らされる。「シリン」とか云う大量殺人化学兵器と患者本人が云う。ERは閉鎖され、他の患者は外科へ運ばれる。
左脚の外傷で出血し、トニーは処置をするが、周りはインターンのみで埒が明かない。もう一人喘息患者も居たが、トニーに処置と指示で何とかなった。処理班が来て、患者2人とトニーインターン3人が外傷室を出られたが24時間監視テントで過ごす。
バンフィールドは何かに付けて口を挟み、モリスと衝突する。モリスはプラットを失って、休みなく仕事をして、目一杯だった。
ニーラはアンスポーにドベンコの復帰を断れたが、甥のブレナーが外科スタッフを炊き付けて復帰キャンペーンを貼ってくれて感謝するが、付き合う積りはないと宣言する。
ドベンコに直談判し復帰を要請するニーラ、一方バンフィールドは、一日を終え、家族写真の前で赤ワインで寛ぐ。

第3話 思い出多く The Book of Abby #312

アビーがスタッフドクターになった初日、アビーはカンティを止め、コバッチュと息子とボストンに住む事に決めた。ロッカーを整理し、聖書も紐解く。
バスケのコーチが自宅で打たれてERに運び込まれる。治療に当たるアビー、でもバンフィールドは、ボードの患者を診ろと。でも教え子と自分の経験から、銃創患者が良くならない原因を見つけ出し、適切な処理を行う。コーチがこんな目に会ったのは自分のせいと仲間からも非難され、自殺しようと屋上に上がった少年をアビーが説得し、思いとどまらせ、治療に全力で救うからと約束する。
帰って来たドベンコとニーラの最強チームがコーチを手術で救う。
ロッカーのネームプレートを外すとヘレンが地下室へ。歴代のスタッフDr.のが貼られている、アビーは自分とコバッチュのを貼る。
出口でサム、トニー、などに見送られ、モリスは最後までアビーが辞めることを知らなく、優しくハグして別れる。車にはコバッチュと愛息子が待っていた。

第4話 親の教育 Parental Guidance #313

バンフィールドはERの外で強盗に襲われたが、習っていたテコンドーで組み伏せた。その患者をERで観ることに。
インターンはそれぞれの指導医について、研修だ。
モリスはコールガールの脚の怪我をみる、仕事以外での付き合いを求めた彼女につれないが、研修医はそんな人でなしでは指導医としては物足りないと。
ゲイツはサラが舌にピアスをして来たので吃驚、インターンにセックスのことなど云われて更に吃驚、話をすることに。
ブレナーはニーラと関係修復の為にドベンコに彼女の情報収集を図る。ニーラはドベンコとコンビでERからの患者を、助けて行く。 
交通事故で老女が運び込まれてくる。息子が連れだって来た。老女はAH型認知症、息子は飲んだくれと後から来た父、血液検査してアルコール(-)と分かる。
母と姉妹、姉が転落事故で運び込まれる。どうやら虐待らしく、挿管前に「彼女」に遣られたと証言したので、バンフィールドらは母親をソーシャルワークに託すが、外傷室で火事が起きた、実は小6の妹が呼吸器の酸素分圧を下げたり、アルコールに火をつけたのだ。バンフィールが話すうちに妹は白状し、発作的に暴れるようになり、スタッフに抑えられ収容される。母には優しい言葉がかけられないバンフィールド。

第5話 ほろにがい再会 Haunted #314

ハローインの日、ERでも職員が仮装に、女性インターンは人魚に扮してERにバンフィールドが呆れる。受付フランクはシーザー姿で仕事をする。
この回はレイ・バーネットがフランケンシュタインの姿でERにやってきて、ニーラ・ラスゴートラと再会するシーンが見物だ。レイはその後、悩みながら、自殺も考えたが、今はリハビリ病院で仕事をしている、義足も幾つか装着して、ランニングも出来る程の回復している。ニーラは自分がレイの一番苦しんでいる時に何も出来なかったことを悔やむ。そんなところに相も変らずひつこく絡む、サイモン・ブレナーだが、二―ラはきっぱり断る。

第6話 兄が残したもの  Oh, Brother #315

チャズがERにやってくる、医学部1年生だ。モリスは張り切って、色々彼に遣らせるが、それはご法度、他の医学生に顰蹙を買い、バンフィールドにも釘を刺される。父と生計を立てる為に噛ませ犬をしている若きボクサーが運び込まれ、チャズにいろいろ手技を遣らせるが悉く失敗するが、何とか助かる。チャズがプラットを失った事で、まだ動揺があるようだ。チャズに謝り、一緒にバーガーを食べに行く。
バンフィールドは夫の両親がシカゴに見えるので気がきでない。自宅で料理を作る為ネットでレシピを検索したのを、見つかってしまうが、心温かい彼のレシピと準備を持って、家に帰り、両親に温かく迎えられる。
サムはトニーの家に息子ともども転がりこむことに。
ブレナーがオフに仲間とラグビーの試合前にERにやってきて試合後怪我の同僚を治療、アイクの店にニーラを誘うがニーラは出かけ、ダーツをやり麦酒を飲んで和気あいあいだ。

第7話 医者よ、自らを癒せ Heal Thyself #316

バンクロフトに焦点。彼女の息子は昔、ERで亡くなっている。公園で両親とフットボールで遊んでいて、痙攣発作を起こし、以前に熱性痙攣の既往があったので、自宅に連れて帰ったが吐血してので救急車を呼びカウンティに運ばれたのだ。対応したのはグリーンDr.と看護師のヘレエだった。検査の結果、脳卒中と出血傾向で急性白血病であった、蘇生の甲斐無く亡くなった。
トニーはイラク帰還兵の面倒を見る、意識(-)は実は頭の病気が入隊前からあることを脳MRIで見つけ、バンフィールドの力を借りて脳外科に診てもらうようにしたが、黙っていなくなる。ニーラはインターンのミスで患者を失いう。怒り狂う。
川に乳母車で落ちた少女のジョギング中に居合わせたバンフィールドは、救急車に同乗してERにやってくる。低体温で温生食などしても蘇生に反応しない、家族に問いただし、父親の高血圧の薬を飲んだので心臓に悪影響し、Caが低下していて反応しなかったのだ。開胸し温生食とCa投与、除細動で、何とか蘇生した、自分の息子の時と思いがだぶり、辛い時間で有った。終了後、モリスに告白する。

第8話 心にひそむ闇 Age of Innocent #317

サイモンブレナーに焦点。薬物服用で遣ってきた少女、母親が見つからなくて、サムが採血しようとすると、交通事故で運ばれた妻に付き添って来た男が近寄り、励ましていた。この男は幼児性的虐待で裁判にかけられ無罪になったが、親類近所からはうとまれていた。その場面を見たブレナーは男に襲いかかり暴力をふるい、妻の兄に殴打され顔面に重傷を負う。その傷は、ニーラの指導のもと、もうそのインターンは指導したくないとドベンコの云って免除された者だったが人が居なく、口頭指示で、鼻腔の出血と眼窩骨折血腫の治療を見事やってのける。自分過去の様々なミスをドベンコに指摘され、自分の過ちを次の世代にミスの内容に指導するのが教育病院で君の仕事と言われ自覚する。
サイモンは薬局のなかで、モリスに5歳の時の性的虐待の経験を語る。それがトラウマになって、今回の事態を引き起こしたのだった。
トニーは居なくなった、イラク帰還兵を町に探しに出る、サムも協力する、親友を失った贖罪から、今回は助けてあげたい一心だった。

第9話 雪よ降れ Let it snow  #318

クリスマスの近い冬の夜、大雪が降って、夜勤に来れないDr.や出張でフライトが無く帰って来れないバンフィールドから、サイモンにバックアップの連絡が入る。ニーラは前回の事件以降、インターンから引かれている状態。トニーはサラ、アレックスと留守番で、宿題を見ている。終わった後近くの店でパーティをしているので、歩いて云っていいかせがまれている。
オマハでERの学会に出かけたバンフィールドとモリス、ホテルのバーで時間を過ごすが、モリスが場を盛り上げようと歌を唄うが、赤ワインとウィスキーで酔ったバンフィールドが乗って歌を唄い、場を盛り上げ、見たことのないモリスはたまげる。酔いの介抱のあと、バンフィールドはダリルを失ったあと、次の子を宿したが3カ月で流産し、子は諦め、技術を磨いて今の職を得たと告白、たまたまウエイトレスは妊娠していて、胎動があったとバンフィールの手を取って妊娠のお腹に当てる。部屋が一つ取れ、同室で寝ることに。
交通事故で運び込まれた患者の一人はアレックスだった、取りみだしたサムは必死に治療する。後部座席の女の子は放り出され、全身打撲で亡くなる。アレックスは飲酒の友達に変って運転していて、車が衝突を避けようと事故を起こしたことが分かった。肩の開放脱臼を整復したが、大動脈破裂で急変する。

第10話 幸せを求めて The  High Hpliday #319

クリスマスイブの日。
モリスの故郷から父親の遺産(ガラクタ)がコンテナでERに従兄が運んできた。モリスは父や自分が小さい時の思い出が一杯詰まったものだったが興味を示さず、バンフィールドに片付けろと命令され、シカゴに戻って来た受付のジェリーに処分を売り上げの50/50で任す。
アレックスの抜管は延び、サムは気がきでないなか、仕事をしている。上手い方法を知っているとドベンコを口説き規則を破り、夜に抜管出来た。しかし、この原因を作ったトニーと別れる決心をした。
トニーが探していたイラク帰還兵のマックスをERの前で偶然見つけ犬共々ERに迎え入れる。マックスもトニーだけは他人と違い受け入れて呉れると喜んだ。
違法移民の産婦が運び込まれる、腹部エコーで胎児に問題があり帝王切開で分娩することに、臍帯が繋がった状態での気管切開にニーラは成功し、母体も助かったが、移民局からは翌日収監の命令が、子どもを残し、産婦は別の病院にタクシーで誰かの紹介状をもってERを出た。ニーラは訴訟されていたが、その略式命令で棄却でホット一安心。
生後半年の子どもを抱えた女性、3年前の小腸がんの再発で腹部膨満、CTで再発が確認され、延命効果を期待して外科にバンフィールドは頼みこむ。
クリスマスパーティでバンフィールドは夫とダンスしながら、もう一度子どもを作り人生をやり直す事を告げる。

第11話 明日への不安 Separation Anxiety #320

バンフィールドが当番の晩に、麻薬密売現場(警官が言うには)で3人が撃たれ運び込まれる、一人目はバイタルのない男、研修医たちがトニーに呼ばれ、いろんな手技の練習台にされる。
2人目は、腹部と思った貫通銃創が肺で気胸で虚脱肺でショック状態へ、3人目の弟は大腿に銃創でこれは問題なし、2番目は何とか安定するが、警察には本当の事を話そうとしない、バンフィールドに説得され、弟と幸せに暮らしたいなら、刑務所に入らずに警察に全てを話せと。もう一人の女は手のつけられない女だったが、実は麻薬組織に潜入した女刑事であった。モリスには素性を明かし、親しくなる。
バンフィールドは自分の子どもを得るため、産科のコバーン医師の協力を得て、何とか子どもを授かりたいと、年齢から考え確率は低いとの説得も聴かず、最後チャンスと。
鎌状赤血球症の少女は胆のう炎で入院、ヨーヨーマのコンサートを観るためバイトとか頑張ったが、諦めざるを得なかった。スマホの設定をその子に頼み、レイからメールが来る。
トニーはサムと破局、マックスにスーツを買って遣り、お礼に勲章を貰い、犬も預かる。酔った帰りに研修医のダリアと道で会い、アパートに誘う。

第12話 夢追い人 Drean Runner #321

ニーラをフューチャー。一つの話を場合分けして3つのストーリー展開。医師の大事なことは「決断」すること、でその決断の仕方でストーリー展開。
当直午前5時7分、レイの携帯での☎で起こされるニーラ、研修医からはERから呼び出される、胆嚢の少女の菌血症の患者。それと二階から転落した「夢追い人」が搬送された。この2人のこれからについてのDr.の決断がどう変わったかでストーリーが変る。

1.少女は即手術へ、腹腔鏡手術もニーラが総胆管を傷つけ開腹へ、麻酔が覚め少女は抜管し、悲鳴を挙げる。

夢追い人は変位のない骨盤骨折だが次第に血圧低下、ヘマトも低下、バンフィールドは、骨盤の血管造影の指示も途中で心停止になり、死亡。バンフィールドはモリスに治療方法を批判され、バッジをジェリーに投げて退職することに。

これが本ストーリーだが、決断が変れば、

2、少女は小児ICUで一日見ることに、手術でなくドレナ―ジをし、膿が引ける。

夢追い人は、腹部エコー、CTで腹腔内出血、手術室待ちで容体変化、ERでバンフィールドは回胸し、大動脈のクランプに成功、除細動も。

バンフィールドは体外受精の準備で卵胞刺激ホルモンを打ち、精神症状が強くでて、すタップに辛く当たる。
ニーラは、ドベンコのススメで大学スタッフの面接を受ける。そこでデューク大学で救急外傷部長の、エリザベス・コーディに会い、是非と勧められる。一方ドベンコからも准教授の椅子と満額支給の話が出る。

第13話 傷つけあう愛 Love is a battlefield #322

ゲイツとサム、ニーラとサイモン、少女と彼氏、3度結婚し離婚した夫婦の話しを織り交ぜの展開。

自転車と車の事故、少女は自分のバックと携帯をしきりに気にしていた。傷は軽傷で帰れるがモリスは何か気になる、あと5分あれば真相が分かったかも知れないが、精神科からOkayが出て帰宅、その直後、彼氏が父親から暴行を受け重症に。

風呂場で転倒して、左胸部を打撲し、しかし次第にバイタルが低下、ゲイツが脾臓の損傷を見つけ、肋骨が肺を損傷して手術へ。4度目の結婚になることに。

ゲイツとサムは間に入った、ダリアのことでおおもめに。ダリアとは一度きりの過ちと。

ニーラはサイモンの予測通りになり、すこし苛々、オーストラリア旅行中は、気になっていたと告げ、路上でキスを。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月25日 (水)

23万アクセス、有難うございます!

230,000アクセス有難うございます!

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月17日 (土)

記憶力の正体ーー人はなぜ忘れるのか?

記憶力の正体ーー人はなぜ忘れるのか? 高橋雅延 著 ちくま新書1077 ¥840+税

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月 2日 (金)

医学的根拠とは何か

医学的根拠とは何か 津田敏秀 著 岩波新書1458 ¥720+税

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年12月23日 (火)

続ける力

続ける力 仕事・勉強で成功する王道 伊藤真 著 幻冬舎新書073 ¥720+税

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年12月18日 (木)

説得力ある伝え方 口下手がハンディでなくなる68の知恵

説得力ある伝え方 口下手がハンディでなくなる68の知恵 伊藤真 著 幻冬社新書363 ¥780+税

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年12月11日 (木)

池上彰の宗教がわかれば世界が見える

池上彰の宗教がわかれば世界が見える 池上彰 著 文春新書814 ¥800+税 宗教は「よく死ぬ」ため...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年12月 7日 (日)

小説 外務省 尖閣問題の正体

小説 外務省 尖閣問題の正体 孫崎享著 現代書館 ¥1,600+税 内容 プロローグ 第1章 鳩山元...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年12月 1日 (月)

沈みゆく大国アメリカ

沈みゆく大国アメリカ

堤 未果 著

集英社新書07630A

¥720+税

※外資系医療保険、TPPなど、国民皆保険制度を解体する「混合診療」解禁など、守るべき宝を米国寡占大企業に差し出すものだ。

月曜日の午後は、泌尿器科の予約外来、31名のところ、一名がキャンセル、30名の診察と成りました。カテーテル交換などの処置なし。
17時前に終了。
最近読んでいた本を読み終える。「沈みゆく大国アメリカ」堤未果著、集英社新書0763A、¥720+税
外資系医療保険、TPPなど、国民皆保険制度を解体する「混合診療」解禁など、守るべき宝を米国寡占大企業に差し出すものだ。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月20日 (木)

品性下劣な中国人

陳破空著 扶桑新書174 ¥800+税

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月 8日 (月)

NHK「ラジオ深夜便」被爆を語り継ぐ

NHK「ラジオ深夜便」被爆を語り継ぐ

西橋正泰 編

新日本出版社

¥1,600(税別)  2014/9/7

NHK「ラジオ深夜便」被曝を語り継ぐ、西橋正泰ー編、新日本出版社、¥1600(税別)
林京子、山口仙二、松重美人、スミヱ、丸屋博、山田拓民、松都美子、谷口稜テル(日篇に華)、山口ツトムの各氏掲載、両山口氏、松重氏以外は、ご存命。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月12日 (火)

張本勲 もう一つの人生 被爆者として、人として 

張本勲 もう一つの人生 被爆者として、人として 

新日本出版社

¥1,400+税

2010年5月25日 初版
2011年1月25日 第3刷

写真: しんぶん赤旗「潮流」紹介本Amazonから、中古で。
張本勲、もう一つの人生

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月10日 (日)

炭水化物の食べ過ぎで早死にしてはいけません

炭水化物の食べすぎて早死にしてはいけません

江部康二著 

東洋経済社

¥1,300+税

川村 実さんの写真

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月25日 (金)

やくみつるの小言・大言

やくみつるの小言・大言

新日本出版社

¥1,000

写真: やくみつるの小言・大言
新日本出版社
¥1,000
しんぶん赤旗日曜版に連載

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月24日 (火)

美しい国へ

美しい国へ

安倍晋三著 文春新書 524 ¥730

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月 6日 (日)

決断出来ない日本

決断出来ない日本

ケビン・メア 文春新書 821¥780

2011年8月20日 第一刷発行

「沖縄はゆすりの名人」などとレッテルを貼られ更迭された米国務省元高官が明かした事件の真相。対日政策30年のキャリアをもつ外交官が見た「トモダチ作戦の内幕」「沖縄基地問題の迷走」「日本の政治家たちへの評価」などアメリカ政府の本音を激白する。

014

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月 1日 (火)

「放射能汚染地図」の今

「放射能汚染地図」の今

木村真三著 講談社 ¥1,500

原発事故は
まだ何も終わっていない。
そのことを日本人は
忘れてはならない。

福島で被災者とともに闘い続ける科学者の
3年におよぶ真実の記録

福島に住む人々は、いまだ真相のわからない被害に立ち向かっている。
「この国は、すぐ忘れる。今だって、本当のことは隠されている。これだけの被害をもたらした原発をエネルギーだ、経済効果だと騒ぎ、再稼働の話が進む。福島県民がおとなしいだとか、我慢強いだとか言われるが、そうでねぇっ!」

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月12日 (水)

老人と海

老人と海 アーネスト・ヘミングウェイ著 深山森 解説 祭谷一斗 翻訳  一斗缶文庫 電子書籍

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月23日 (日)

福島原発 メルトダウン

FUKUSHIMA
福島原発メルトダウン 

広瀬隆 著

朝日新書 ¥740+税

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月20日 (木)

日本史の謎は「地形」で解ける

日本史の謎は「地形」で解ける

竹村公太郎著 PHP文庫電子版

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月 7日 (火)

話す力

小学館eBooks 

話す力

2013/10/18 電子版発行

著者 草野 仁(クサノ ヒトシ)

初めて、Kindleで有料の書籍をダウンロードして読んでみた。タブレット面はコントラストが利いていて、読みやすいし、字の大きさ、行間なども設定出来るので、老眼の身としては、紙の文庫や新書版よりは、読みやすい。

草野さんの内容豊富なエピソードを交えての話し方、聞き方、人とのコミュニケーションをより深く図るためには大事な事と思いました。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月27日 (金)

運命の人

山崎豊子著、「運命の人」(1)~(4)、文春文庫 や 22 6~9 沖縄施政権返還にまつわる密約、外...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月24日 (火)

○に近い△を生きる 「正論」や「正解」にだまされるな

○に近い△を生きる 「正論」や「正解」にだまされるな

鎌田實著

ポプラ新書創刊 ¥780(税別)

001

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月19日 (木)

220,000アクセスありがとうございます

22万アクセスになりました。 最近、更新滞っていますが、有難うございます。 日常は、「Faceboo...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月28日 (木)

ネットのバカ

ネットのバカ

中川淳一郎著 新潮新書530

¥720(税別)

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お知らせ

訪問者のみなさん この「ココログブログMKworld」は続けて行きますが、 基本的に今は「FACE ...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月22日 (金)

喪中の葉書舞い込む季節に

喪中葉書が舞い込む季節となりました。 今年は今の処4枚、例年10枚以上になります。 まだ仕事現役なの...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月19日 (火)

トイレット考

▼11月19日は、今年から国連が定めた「世界トイレの日」です。朝から恐縮ですが、世界中の3人に1人が...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月18日 (月)

ダイエット考

 健診を生業としているので、診察時に又は結果説明時に所謂メタボリック症候群(腹囲男性85cm、女性90cm+血圧、血糖、脂質異常の2つ)の方には、減量を勧めます。

 その際、運動(-)の方には、ウォーキンなどの運動を勧め、更に食事のカロリー制限を指示して減量目標を立てます。
 

 そのうち最近は、「糖質制限ダイエット」を勧めています。いきなり3食で始めることは難しいと思われるので夕食の主食(米、パン、麺類など)を抜く事をお勧めしています。既に1人に2-3kgの減量に成功した男性が居ます。

 取り敢えず1か月遣ってみましょう、それで効果が有ったら、目標達成まで続けましょう、止まって、目標までまだなら、次に昼や朝食の主食にも手をつけて行きましょう!
と説明しています。
 

どうです、ダイエットしたい方、この方法で。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«読書考